FC2ブログ

8,9月の予定

8,9月の予定です。※最新情報はフェイスブックをご覧ください。

かまばの森探検隊→9月8日、21日開催
放課後ひろば→8月28日、9月6日開催

以下、詳細です。

☆9月8日(日)
前回大好評につき、第2弾を企画しました。ブッシュクラフトインストラクターによる、ネイティブアメリカン式焚き火講座。マッチ一本の焚き火術。シンプルに最小限の道具と材料を使って焚き火をし、跡を残さない安全な直火方法を親子で学びます。

講師
末次克洋(すえなみかつひろ)
プロフィール
1977年生まれ、長野県松本市在住
名古屋の街中で育ちながら、父親の影響でアウトドアが好きになる。高校卒業後、自転車で旅したり、キャンプをする。
社会人になり、ある物で工夫して新しい物を生み出すという意味で、新商品開発や起業に関わり出す。
会社を辞めて起業をするが、ミニマムな暮らしを追い求めるが故に、お金を必要としない暮らしを指向するようになる。

本来、人は自然にあるもので生きていけるはずで、その知恵が詰まった長野県の里山の暮らし、それを格好良く言い換えたブッシュクラフトにはまる。ネイティブアメリカンの思想に共感し、川口拓師匠に師事し、智慧を継承していく活動を始める。

・ジャパンブッシュクラフトスクールについてはこちらをご覧ください
https://bushcraft.jp/
・主宰する、すえなみブッシュクラフトスクールは、こちら
https://www.wagamamalive.com/sbs/

☆9月21日(土)
ロープや森の木の枝など身近な素材を使って、いつも遊んでいる森をもっともっと楽しい場所にしてみよう。最初に作ってみたい遊び場の絵を思い思いに描いて、大人も子どもも一緒になって遊び場づくりを楽しみましょう。
もちろん、いつものように焚き火や自由遊びを楽しんでもOK!

講師 中澤朋代氏(トモネエ) 松本大学観光ホスピタリティ学科准教授
岐阜の山奥で育ち、長年、ホールアース自然学校に勤務経験有。自然のことや大工仕事に関する造詣が深く、トモネエと森に入ると、3歩歩けば何か発見があるくらい、自然遊びの達人。

(以下、8日と21日、共通事項)
◎集合 喜源治こども基地(松本市中山4032)に9時集合。※グーグルマップで検索可。そこから車で森まで5分弱、誘導致します。
◎持ち物 長袖長ズボン、長靴、帽子、雨具上下、軍手、着替え、飲み物、お昼ごはん(焚き火調理でも弁当でも可)、あればナイフやノコギリなど工具、その他お好みで好きな遊び道具(虫取り網など)
表示を減らす
◎対象 親子10組
◎参加費 1人500円➕受講料として一家族2000円


放課後ひろば→8月28日、9月6日開催
15時~19時頃まで開放。時間内、出入り自由(解散時はスタッフに一言)

お問合せ、申し込み先
azhg82@ヤフー.co.jp、090-3226-9155 玉田まで
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

kamabanomori

松本市中山地区の喜源治(小松さん)が、所有する里山と空き地、サワガニなど多様な生き物の住む水路や水田跡をご厚意で子どもたちのために提供してくださっています。
2018年5月より、様々な年齢の子どもたちが外でのびのび遊べる環境を作るべく、森で遊ぶ会を月1回程度開始。2019年度からは、「かまばの森探検隊」(子ども夢基金助成活動)として、森カフェ、ブッシュクラフトなど外部のプロ講師も招きながら、幅広いテーマで定期開催。

2018年10月からは、集落内の空き地を「喜源治こども基地」と命名。信州やたいたいけん楽校ぷらすとのコラボで子ども向け野外活動の企画を定期開催。

2019年4月から、喜源治こども基地で「放課後ひろば」(子どもゆめ基金助成活動)も始めました。


当会では、地域や保護者の力を巻き込んで、子どもたちが群れてのびのび遊べる環境づくり、幸福な人生の土台作りを一緒にやってくれる同志を募集しています。

(主宰)玉田尚子(プロフィール・大学の探検部時代に山、野外活動に目覚める。山村留学団体に就職し、元・自然体験活動指導員、現在は3児の母。)
azhg82アットyahoo.co.jp(アットを@に)

プロフィール

kamabanomori

Author:kamabanomori
松本市中山地区の喜源治(小松さん)が、所有する里山と空き地、サワガニなど多様な生き物の住む水路や水田跡をご厚意で子どもたちのために提供してくださっています。
2018年5月より、様々な年齢の子どもたちが外でのびのび遊べる環境を作るべく、森で遊ぶ会を月1回程度開始。2019年度からは、「かまばの森探検隊」(子ども夢基金助成活動)として、森カフェ、ブッシュクラフトなど外部のプロ講師も招きながら、幅広いテーマで定期開催。

2018年10月からは、集落内の空き地を「喜源治こども基地」と命名。信州やたいたいけん楽校ぷらすとのコラボで子ども向け野外活動の企画を定期開催。

2019年4月から、喜源治こども基地で「放課後ひろば」(子どもゆめ基金助成活動)も始めました。


当会では、地域や保護者の力を巻き込んで、子どもたちが群れてのびのび遊べる環境づくり、幸福な人生の土台作りを一緒にやってくれる同志を募集しています。

(主宰)玉田尚子(プロフィール・大学の探検部時代に山、野外活動に目覚める。山村留学団体に就職し、元・自然体験活動指導員、現在は3児の母。)
azhg82アットyahoo.co.jp(アットを@に)

最新コメント