FC2ブログ

5月25日森カフェin喜源治こども基地

カフェのように気軽に来れる森。キャンプというととにかく装備がたくさん必要なイメージですが、森カフェでは焚き火台や椅子、ハンモック、お茶セットなどがそろい、手ぶらでふらっと来てデイキャンプを楽しめるという、天国みたいなところなのです。
NPO法人わをん♪の山田夫妻が森カフェ機材一式を軽トラに積み込んでこども基地に来てくださいました。
525-14.jpg
525-13.jpg

親子で焚き火をしたり、ハンモックや即席のブランコで遊んだり、自然観察をしたり、生豆を焚き火で焙煎してコーヒーを楽しんだり。親子連れやお一人様などいろんなグループで訪れ、思い思いに一日を過ごして行きました。
帰りたくな~い!という子どもさんたちの声にじっくりと応え・・・なんと夜の7時ごろまで遊んで行った親子もいましたよ^^b わお!

525-1.jpg
用意された焚き火台から好きなタイプを選んで火おこし。焚き火初心者の親子には森カフェコーディネーターが親切に指導。

525-25.jpg
525-24.jpg
お昼ごはんはもちろん焚き火で。おいしいね。

525-11.jpg
525-7.jpg
昔懐かしベーゴマや、皿回しなどの遊びも。熱中するパパママたち。

525-4.jpg
わをん♪のぷぅさんが何やらロープを用意。子どもたちが必死で枝に縄をかけてます。何を作ってるのかな?
525-5.jpg
木に登りだしたよ。なんだなんだ?
525-6.jpg
ブランコができたよ。

525-2.jpg
525-3.jpg
栗の木の枝で鉄棒遊び!

525-27.jpg
メタルマッチ(火打ち金)で火おこしに挑戦。この子、これず~~~~~~~~~~~~っとやってました。ちゃんと火花で火をつけられたね。根気に拍手!

525-23.jpg
525-28.jpg
525-19.jpg
暑いので日陰を求めて森探検に出かけました。川原は涼しい。

525-21.jpg
カエル発見。

525-30.jpg
森の中でおとしぶみいっぱい見つけたよ!

525-29.jpg
森の中では、木のウロの中に、クルミやドングリがいっぱい置いてあるのを発見。リスの落とし物かな。

525-8.jpg
コーヒー焙煎中。

夕方涼しくなって来たら、水路でサワガニ探し。
525-31.jpg
525-33.jpg

子どもたちはとにかく遊び尽くし、大人はゆっくりのんびり・・・中には人一倍子どもになって遊び尽すすてきな大人も・・・
いつもとはまた違った雰囲気のこども基地を楽しめた、森カフェの一日でした。
森カフェ機材一式を軽トラに満載して来てくださったわをん♪の皆さま、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

kamabanomori

松本市中山地区の喜源治(小松さん)が、所有する里山と空き地、サワガニなど多様な生き物の住む水路や水田跡をご厚意で子どもたちのために提供してくださっています。
2018年5月より、様々な年齢の子どもたちが外でのびのび遊べる環境を作るべく、森で遊ぶ会を月1回程度開始。2019年度からは、「かまばの森探検隊」(子ども夢基金助成活動)として、森カフェ、ブッシュクラフトなど外部のプロ講師も招きながら、幅広いテーマで定期開催。

2018年10月からは、集落内の空き地を「喜源治こども基地」と命名。信州やたいたいけん楽校ぷらすとのコラボで子ども向け野外活動の企画を定期開催。

2019年4月から、喜源治こども基地で「放課後ひろば」(子どもゆめ基金助成活動)も始めました。


当会では、地域や保護者の力を巻き込んで、子どもたちが群れてのびのび遊べる環境づくり、幸福な人生の土台作りを一緒にやってくれる同志を募集しています。

(主宰)玉田尚子(プロフィール・大学の探検部時代に山、野外活動に目覚める。山村留学団体に就職し、元・自然体験活動指導員、現在は3児の母。)
azhg82アットyahoo.co.jp(アットを@に)

プロフィール

kamabanomori

Author:kamabanomori
松本市中山地区の喜源治(小松さん)が、所有する里山と空き地、サワガニなど多様な生き物の住む水路や水田跡をご厚意で子どもたちのために提供してくださっています。
2018年5月より、様々な年齢の子どもたちが外でのびのび遊べる環境を作るべく、森で遊ぶ会を月1回程度開始。2019年度からは、「かまばの森探検隊」(子ども夢基金助成活動)として、森カフェ、ブッシュクラフトなど外部のプロ講師も招きながら、幅広いテーマで定期開催。

2018年10月からは、集落内の空き地を「喜源治こども基地」と命名。信州やたいたいけん楽校ぷらすとのコラボで子ども向け野外活動の企画を定期開催。

2019年4月から、喜源治こども基地で「放課後ひろば」(子どもゆめ基金助成活動)も始めました。


当会では、地域や保護者の力を巻き込んで、子どもたちが群れてのびのび遊べる環境づくり、幸福な人生の土台作りを一緒にやってくれる同志を募集しています。

(主宰)玉田尚子(プロフィール・大学の探検部時代に山、野外活動に目覚める。山村留学団体に就職し、元・自然体験活動指導員、現在は3児の母。)
azhg82アットyahoo.co.jp(アットを@に)

最新コメント