FC2ブログ

絵具でお絵描き 日暮れまで遊びつくしたよ~放課後ひろば 5月15日

5月15日は、放課後ひろばでした。この日は空き地に絵具のお絵描きコーナーが登場。
講師はイラストレーターの守屋玲子さん。
IMG_1827.jpg

焚き火や木工、秘密基地づくり、森探検など思い思いに遊ぶ中で、入れ替わり立ち代わりお絵描きコーナーに立ち寄っては自由に筆を動かしていました。空き地に絵具のコーナーがあるって思いのほか新鮮で、子どもたちの絵もほんとうに開放されて自由でしたね。

IMG_1852.jpg
夢中になって絵筆を動かす。自由だねー。

IMG_1793.jpg
へ~。石を塗って、火山だって!

IMG_1781.jpg
こちらはおやつのために焚き火を起こす。あーだこーだと相談しながらがんばってます。
うーん、日が暮れるまでにはつくかな?笑

IMG_1823.jpg
違う学校の子どもたちもいつのまにか仲良しに。長い棒で綱引きごっこ。

IMG_1824.jpg
こちらは、前回作った秘密基地を修繕中。

IMG_1832.jpg
スタッフと森探検。
IMG_1850.jpg
こんなの見つけたよ!と嬉しそう。

IMG_1806.jpg
やっとおやつにありついた。火おこし協力し合ってがんばったね。

IMG_1788.jpg
幼稚園の子どもたちも親子で何組か参加してくれました。
遊んでいるのは、子ども発案の竹のシーソー。意外とバランスとるのが難しいけどおもしろ~い。

IMG_1853.jpg
もう6時か~お腹すいてきたね。
ボランティア大学生のふーちゃんが、焚き火で作ったお味噌汁をふるまってくれているところ。

IMG_1856.jpg
IMG_1864.jpg
今回も真っ暗になるまで遊びつくしましたとさ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

kamabanomori

松本市中山地区の喜源治(小松さん)が、所有する里山と空き地、サワガニなど多様な生き物の住む水路や水田跡をご厚意で子どもたちのために提供してくださっています。
2018年5月より、様々な年齢の子どもたちが外でのびのび遊べる環境を作るべく、森で遊ぶ会を月1回程度開始。2019年度からは、「かまばの森探検隊」(子ども夢基金助成活動)として、森カフェ、ブッシュクラフトなど外部のプロ講師も招きながら、幅広いテーマで定期開催。

2018年10月からは、集落内の空き地を「喜源治こども基地」と命名。信州やたいたいけん楽校ぷらすとのコラボで子ども向け野外活動の企画を定期開催。

2019年4月から、喜源治こども基地で「放課後ひろば」(子どもゆめ基金助成活動)も始めました。


当会では、地域や保護者の力を巻き込んで、子どもたちが群れてのびのび遊べる環境づくり、幸福な人生の土台作りを一緒にやってくれる同志を募集しています。

(主宰)玉田尚子(プロフィール・大学の探検部時代に山、野外活動に目覚める。山村留学団体に就職し、元・自然体験活動指導員、現在は3児の母。)
azhg82アットyahoo.co.jp(アットを@に)

プロフィール

kamabanomori

Author:kamabanomori
松本市中山地区の喜源治(小松さん)が、所有する里山と空き地、サワガニなど多様な生き物の住む水路や水田跡をご厚意で子どもたちのために提供してくださっています。
2018年5月より、様々な年齢の子どもたちが外でのびのび遊べる環境を作るべく、森で遊ぶ会を月1回程度開始。2019年度からは、「かまばの森探検隊」(子ども夢基金助成活動)として、森カフェ、ブッシュクラフトなど外部のプロ講師も招きながら、幅広いテーマで定期開催。

2018年10月からは、集落内の空き地を「喜源治こども基地」と命名。信州やたいたいけん楽校ぷらすとのコラボで子ども向け野外活動の企画を定期開催。

2019年4月から、喜源治こども基地で「放課後ひろば」(子どもゆめ基金助成活動)も始めました。


当会では、地域や保護者の力を巻き込んで、子どもたちが群れてのびのび遊べる環境づくり、幸福な人生の土台作りを一緒にやってくれる同志を募集しています。

(主宰)玉田尚子(プロフィール・大学の探検部時代に山、野外活動に目覚める。山村留学団体に就職し、元・自然体験活動指導員、現在は3児の母。)
azhg82アットyahoo.co.jp(アットを@に)

最新コメント