FC2ブログ

3月17日 喜源治こども基地第3弾!

お待たせしました!!
3月17日信州やがいたいけん楽校ぷらすとのコラボ企画第3弾。今回は、子どもたちの手で薪を集め、火おこしに挑戦します。みんなのチーム力や考えたり工夫する力が問われるかも。
講師は、ぷらすの降幡光幸さん(ふりG)です。空き地とその裏山がフィールドです。
放課後の野外活動予定地のフィールドを子どもたちの手で少しずつ遊び場にしていくための企画、第3弾です。

「喜源治こども基地」を創ろう 火おこし体験
時間:受付 8時40分〜開始は9時, 終了時刻 15時
集合場所:喜源治子ども基地駐車場(「松本市中山4096」でグーグルマップ検索、63号線山岸医院とJAの間の小道を東に上がる、1つ目の小さな十字路越えて右手、大きな木のある空き地。道が細いのでご注意下さい)
内容:森や空き地で自由に遊びます。昼食は子どもたちの手で焚き火を熾し、持ってきたおにぎりなどを焼きます。味噌汁も作ります。グループで協力し合いながらじっくり時間をかけて、火起こしに挑戦しよう。

講師:ふりG(降幡光幸/信州やがいたいけん楽校ぷらす代表)
対象者:小学生以上(未就学児は保護者同伴、応募多数の場合は小学生優先)
定員数:20 名
料金:1500 円
持ち物:長袖長ズボン、軍手、手袋、汚れてもよいしっかりした防寒(上下)、帽子、飲み物、お椀一杯のカット野菜、おにぎり、汁椀、箸、着替え、敷物、タオル

◇◇◇申込みには、参加者氏名、学校、学年、住所、メールアドレス(PC受信拒否は解除お願いします)、電話番号(携帯)、アレルギー有無を明記してください。
09032269155、azhg82@yahoo.co.jp、メッセンジャー可
(かまばの森で遊ぶ会 玉田)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

kamabanomori

松本市中山地区の喜源治(小松さん)が、所有する里山と空き地、サワガニなど多様な生き物の住む水路や水田跡をご厚意で子どもたちのために提供してくださっています。
2018年5月より、様々な年齢の子どもたちが外でのびのび遊べる環境を作るべく、森で遊ぶ会を月1回程度開始。2019年度からは、「かまばの森探検隊」(子ども夢基金助成活動)として、森カフェ、ブッシュクラフトなど外部のプロ講師も招きながら、幅広いテーマで定期開催。

2018年10月からは、集落内の空き地を「喜源治こども基地」と命名。信州やたいたいけん楽校ぷらすとのコラボで子ども向け野外活動の企画を定期開催。

2019年4月から、喜源治こども基地で「放課後ひろば」(子どもゆめ基金助成活動)も始めました。


当会では、地域や保護者の力を巻き込んで、子どもたちが群れてのびのび遊べる環境づくり、幸福な人生の土台作りを一緒にやってくれる同志を募集しています。

(主宰)玉田尚子(プロフィール・大学の探検部時代に山、野外活動に目覚める。山村留学団体に就職し、元・自然体験活動指導員、現在は3児の母。)
azhg82アットyahoo.co.jp(アットを@に)

プロフィール

kamabanomori

Author:kamabanomori
松本市中山地区の喜源治(小松さん)が、所有する里山と空き地、サワガニなど多様な生き物の住む水路や水田跡をご厚意で子どもたちのために提供してくださっています。
2018年5月より、様々な年齢の子どもたちが外でのびのび遊べる環境を作るべく、森で遊ぶ会を月1回程度開始。2019年度からは、「かまばの森探検隊」(子ども夢基金助成活動)として、森カフェ、ブッシュクラフトなど外部のプロ講師も招きながら、幅広いテーマで定期開催。

2018年10月からは、集落内の空き地を「喜源治こども基地」と命名。信州やたいたいけん楽校ぷらすとのコラボで子ども向け野外活動の企画を定期開催。

2019年4月から、喜源治こども基地で「放課後ひろば」(子どもゆめ基金助成活動)も始めました。


当会では、地域や保護者の力を巻き込んで、子どもたちが群れてのびのび遊べる環境づくり、幸福な人生の土台作りを一緒にやってくれる同志を募集しています。

(主宰)玉田尚子(プロフィール・大学の探検部時代に山、野外活動に目覚める。山村留学団体に就職し、元・自然体験活動指導員、現在は3児の母。)
azhg82アットyahoo.co.jp(アットを@に)

最新コメント