FC2ブログ
  • 報告が遅れて申し訳ありません。今頃6月の放課後ひろばのご報告です。活動は順調に行っておりま~す。6月21日はニホンミツバチの採蜜を見学&味見しました!園や学校が終わった順に、バラバラと集合してきます。それぞれ、虫取りしたり、工作したり、いつもの小屋づくりの続きをしたり。だいたいみんな集まった16時半すぎくらいから、いよいよ採蜜。管理している養蜂家の河野佳代さんと上條さんがやってくださいました。巣箱の中の... 続きを読む
  • 5月15日は、放課後ひろばでした。この日は空き地に絵具のお絵描きコーナーが登場。講師はイラストレーターの守屋玲子さん。焚き火や木工、秘密基地づくり、森探検など思い思いに遊ぶ中で、入れ替わり立ち代わりお絵描きコーナーに立ち寄っては自由に筆を動かしていました。空き地に絵具のコーナーがあるって思いのほか新鮮で、子どもたちの絵もほんとうに開放されて自由でしたね。夢中になって絵筆を動かす。自由だねー。へ~。... 続きを読む
  • 喜源治こども基地で、放課後ひろばが始まりました!主に水曜日、今年度は月に一度くらいのペースで行います。初回だった24日。こどもたち来てくれるかな~ドキドキでしたが、近所の子どもたち4人と、車で親子が一組が来てくれました。スタッフの子ども3人と合わせて8人の子どもたちで遊びました!今日のスタッフは、Qちゃんと大学生のふーちゃん。「焚き火がしたい!」ということで、火付けに挑戦。ちょっとの雨はへっちゃらよ... 続きを読む
  • かまばの森では平日の放課後も不定期で遊んでいます。フィールドは主に、かまばの森の下の集落、地主の小松さん宅(喜源治)周辺です。昨日の午前中は幼稚園がお休みの園児たちが喜源治の周りで遊びました。サワガニを探す子どもたち。田んぼの水路にたくさんのサワガニが棲んでいます。いつか子どもたちが遊ぶかもしれない、と小松さんが側溝整備せずに自然の環境を残していてくださったものです。スグリやラズベリーなど庭の木の... 続きを読む

kamabanomori

松本市中山地区の喜源治(小松さん)が、所有する里山と空き地、サワガニなど多様な生き物の住む水路や水田跡をご厚意で子どもたちのために提供してくださっています。
2018年5月より、様々な年齢の子どもたちが外でのびのび遊べる環境を作るべく、森で遊ぶ会を月1回程度開始。2019年度からは、「かまばの森探検隊」(子ども夢基金助成活動)として、森カフェ、ブッシュクラフトなど外部のプロ講師も招きながら、幅広いテーマで定期開催。

2018年10月からは、集落内の空き地を「喜源治こども基地」と命名。信州やたいたいけん楽校ぷらすとのコラボで子ども向け野外活動の企画を定期開催。

2019年4月から、喜源治こども基地で「放課後ひろば」(子どもゆめ基金助成活動)も始めました。


当会では、地域や保護者の力を巻き込んで、子どもたちが群れてのびのび遊べる環境づくり、幸福な人生の土台作りを一緒にやってくれる同志を募集しています。

(主宰)玉田尚子(プロフィール・大学の探検部時代に山、野外活動に目覚める。山村留学団体に就職し、元・自然体験活動指導員、現在は3児の母。)
azhg82アットyahoo.co.jp(アットを@に)

プロフィール

kamabanomori

Author:kamabanomori
松本市中山地区の喜源治(小松さん)が、所有する里山と空き地、サワガニなど多様な生き物の住む水路や水田跡をご厚意で子どもたちのために提供してくださっています。
2018年5月より、様々な年齢の子どもたちが外でのびのび遊べる環境を作るべく、森で遊ぶ会を月1回程度開始。2019年度からは、「かまばの森探検隊」(子ども夢基金助成活動)として、森カフェ、ブッシュクラフトなど外部のプロ講師も招きながら、幅広いテーマで定期開催。

2018年10月からは、集落内の空き地を「喜源治こども基地」と命名。信州やたいたいけん楽校ぷらすとのコラボで子ども向け野外活動の企画を定期開催。

2019年4月から、喜源治こども基地で「放課後ひろば」(子どもゆめ基金助成活動)も始めました。


当会では、地域や保護者の力を巻き込んで、子どもたちが群れてのびのび遊べる環境づくり、幸福な人生の土台作りを一緒にやってくれる同志を募集しています。

(主宰)玉田尚子(プロフィール・大学の探検部時代に山、野外活動に目覚める。山村留学団体に就職し、元・自然体験活動指導員、現在は3児の母。)
azhg82アットyahoo.co.jp(アットを@に)

最新コメント